トップスとワイドパンツ

jyougewaidopa

3mの布でワイドパンツを作り、頑張ってトップスも作ったけど、
予想通り、少々丈が短すぎ。やっぱり袖なしにするべきでした。

この布、リアルファブリックで作ったオリジナルの布で、
図柄が細かすぎて、データより仕上がり布の黒色が目立って気になったのだけど、
洋服に仕上げたら、全体のトーンが良い感じになってる。

布で見た場合は目からの距離は15cmほど。
でも、洋服で見る場合は少なくとも全体的に見るから1mほどは離れるわけで、
その距離感での差。布地デザインの際に頭にいれておこうと思った。

それにしても、トップスは自分で基本型紙を変形したもののアレンジ3作目。
やっぱり前開きの取り方と、袖付が変。
基本型紙から、再度やり直そうと決心したものの、
今までの努力を考えたら、ちょっと力が抜けてしまった。

ま、失敗を重ねるのが練習って事だもんね。頑張ろう。

広告
カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

ワイドパンツに挑戦

pantu1

ワイドパンツって今まで履いたことがなく、興味もなかったのだけど、
「誌上・パターン塾パンツ編」を買ったので、
初挑戦して作ってみた。
ウエストゴムなので、作るのも簡単。
でも、何より驚いたのは、着心地。
メチャ楽でした。
しゃがんだ時に感じる膝の突っ張り感がなく、
着てて、涼しい。今の時期には最高。

ちょっと暫くは、パンツ作りにハマりそうです。

カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

練習20着を目指して

rialnuno2

趣味にハマると、これしか考えられない性分。
自己流でオリジナルの布から、
パターンを勉強して自分の気に入った服を納得がいく完成度を目指して、
試行錯誤をしながら、失敗を重ねながら、繰り返すという事をしようと思う。
目指すは20着。
で、今回また、リアルファブリックで布を購入。
一番下の柄、あまりに細かすぎて、その為、部分的に不鮮明になり、
黒部分の占有率が高くなって考えていたイメージと違ってしまった。

細かすぎるパターン模様は、布印刷の場合は不向きだと判断。
次回からは、注意しようと思った。

また、明日からコツコツとソーイング生活しようと思う。

カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

スキッパーチュニック第2弾

kalasichu

オリジナル柄のストックが失くなったので、
無地で再度スキッパーチュニックに挑戦。
今回は、前襟の中心が重なり、予定通りの形になんとか出来た。
欲を言えば、重なり方が娘の持っている市販のものと違うので、
まだまだ工夫が必要って事だわ。
で、幅のサイズも予定通りとなったので、
必然的に袖山の変ないびつさが消えた気がする。
でも、袖型紙の作り方は、再考の余地アリだなあ〜。

何はともあれ、柄物ばかり作っていたので、
無地を作ったら、これが気に入ってしまった。
基本「自分の服は自分が作った柄で作る」と心に誓ったのだけど、
無地の良さも再確認したら、思わず2着分、無地生地を購入してしまった。

私の断捨離計画は、こうやって簡単にガラガラ崩れていくのねえ〜、トホホ。

カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

スキッパーチュニックを作った

skiperchu

娘が持っているスキッパーシャツを参考に作ってみた。
パターン作成の為の本を見ながら、自分サイズの基本パターンから、
ネックの空き、袖の付け方、全体のゆるみの出し方など、
本を見ながら型紙を作ったのだけど、
理解しにくい箇所は適当に省いたりしたものだから、
袖山の形がスッキリラインになっていないのと、全体幅が大きめになってしまった。
これは、前開きのV字ライン、最初の予定では重なるつもりだったにもかかわらず、
いつの間にか、「重ならない、アレ?」ってなって、
結果、幅が全体で重なる予定の4センチ、オーバーサイズとなってしまったわけ。
大きい分には着られるので、今日着用。

それにしても、洋服作りは奥が深い。
「今度は、ここを工夫してみよう」って次から次に思えるので、
暫くは服作りの熱は冷めない感じ。

カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

ウエスト切替ワンピースを作った

uestkirikaeonepi

今回は、文化出版局MOOKシリーズ「誌上・パターン塾」Vol.4 ワンピース編を参考に、
自分のサイズの基本パターンを利用し、ウエスト切り替えギャザーワンピースを作った。
背中の丸みに合わせたダーツやバストサイズもジャストなので、窮屈なところはない。
でも、ミシンに慣れてきた分、しつけをいい加減のまま、いきなり縫ったので、
縫い目とかがちょっと雑。
やっぱり手間がかかっても、しつけ縫いをきちんとするとか、
合い印などを省かないなど、丁寧に仕立てる事が大事だな、と反省。

また、このリアルファブリックで作った布、実は、
柄の中の星丸など、photoshopでレイヤースタイルのドロップシャドウをかけたもの。
あんまり陰影効果を出しても違和感が出ると思い、控えめにしたけど、
言われて見れば、そういう感じって程度の現れ方だ。
でも、布地なのだから、その程度で正解だったかも。

こちらの生地は以下のサイトで購入できます。
http://realfabric.jp/view.php?num=1450&tb=&count=&category=10&pg=1

 

カテゴリー: ソーイング, ハンドメイド, 布地 | タグ: , | コメントをどうぞ

Aラインのワンピースを作った

Alineoanpi

リアルファブリックで購入したオリジナルの布を使って、
まずはAラインワンピースを作ってみた。
実は先日、本当に衝動買いでロックミシンを購入。
なので、始めてロックミシンで裾仕上げ等をしてみた。

実は、それほどミシン縫いが得意なわけでもないのだけど、
これって、手製本の時も思った事だけど、
数作ると、それなりになってくると確信しているので、
気にしてはいなかったのだけど、やっぱり端処理は、
ジグザグミシンでは素人っぽさが抜けない。
気持ちだけでも、ロックミシンで一見市販品のように感じるので、
「買って良かった」と思っている。

柄は、私には派手とは思ったものの、出来上がると、
夏にはこれぐらい派手でも良いかも、って思った。
また、この形、本に付いてた型紙を自分流にアレンジしたのだけど、
普段、あまりワンピースは着ない私だけど、
これを着てみて、すっごく楽。この、楽さ加減、気に入ってしまいました。

この生地は以下のサイトで購入できます。
http://realfabric.jp/view.php?num=1455&tb=&count=&category=1&pg=1

カテゴリー: ハンドメイド, 布小物 | タグ: , | コメントをどうぞ